《撮影方法教えます!》植物のタイムラプス動画を作成する方法

PLANTS

私は植物のタイムラプス動画をYouTubeチャンネルで公開しています。

公開している動画は、全てスマホで撮影した静止画を、動画に結合したものを使用しています。

最初はたくさん失敗したのですが、ポイントを押さえればほぼ失敗せずに撮影できます。

今回は、撮影のポイントや、撮影手順についてまとめてみたいと思います。

スマホはAndroid、PCはWindowsを想定した説明です。

植物によっては、照明によるダメージを受けて枯れてしまう恐れがありますので十分ご注意ください

撮影に使用するもの

*がついているものは、100円ショップでも売っています。 100円ショップで見つからない場合はamazonでも購入できます。

私はスマホホルダー、ミニ三脚、背景を100円ショップで購入し、それ以外は以下と同じものをamazonで買いました。

スマホ容量に余裕がある場合はmicroSDカードは不要です。microSDカードを購入する際は、機種により容量に上限がある場合があるので、調べたうえでご購入ください。

撮影途中で電源が切れる場合があります。原因は充電スピードよりも、スマホの消費電力の方が大きくなってしまうためです。そうなってしまう場合は、充電速度が速いスマホや、充電能力が高いUSB充電器と充電ケーブルなどを使用すると解決すると思います。私の場合、上記USB充電器とケーブルの組み合わせであれば問題ありませんでした。

それ以外の理由としては、OSの自動アップデートの再起動で電源が切れる場合もあるかもしれません。

スマホの準備

microSDカード挿入

撮影し続けるとかなりの容量になるので、なるべく大きい容量のmicroSDカードを準備し、スマホに挿入します。スマホの容量に余裕がある場合は無くても問題ありません。

常時画面ONアプリインストール

撮影中にタスクをキルされて、自動撮影が停止しないようにする為に使用します。

Google Play で “screen awake” などで検索するとたくさん出てくると思うので、お好きなものをインストールしてください。

私は、有料アプリの Keep Screen Awake を使用していますが、タイムラプスの撮影でしか使わないと思いますので、同じものを使うとしても無料版で問題ありません。

自動撮影カメラアプリインストール

お使いのカメラアプリに自動撮影機能があれば、そのアプリでOKです。

私は、有料アプリの手動カメラ:デジタル一眼レフ カメラプロフェッショナルを使用しています。機種によりますが、アプリ自体はマニュアルシャッタースピード対応で、シャッター音を消す機能もあります。

消音アプリインストール

カメラアプリに消音機能がない場合は、シャッター音が鳴り続けることになるので、消音アプリを使います。

私は、有料アプリのサイレントモードPROを使っています。このアプリは無料版がないようなので、Google Playで”silent”などで検索してお好みのアプリを使用してください。

音が気にならない場所で撮影する場合は不要です。

撮影手順

まず、撮影場所を決めます。撮影中にスマホや被写体が少しでもずれると、撮影がやり直しになってしまうので、なるべく日常の導線から外れていて、近くに電源がある場所選びます。

① 被写体の植物を起き、必要に応じて背景に紙やパネルなどを貼ります。

② 照明を設置し、電源を接続します。

③ スマホをスマホホルダーで固定し、三脚をつけ、電源を接続します。消音がプリと画面常時ONアプリを有効にして、カメラアプリを起動し、設定を行います。

カメラアプリ設定

カメラアプリによって設定方法は異なりますが、手動カメラ:デジタル一眼レフ カメラプロフェッショナルを例に説明します。

自動撮影:2分間隔で無制限撮影

シャッタースピード:電源周波数50hz地域は1/100、60hz地域別は1/120(機種やアプリによって設定できない場合あり)

フォーカス:固定

解像度:選択肢にあれば16:9、なければそれに近いアスペクト比がおすすめです。

写真の保存先:SDカード(本体ストレージの容量に余裕があれば本体ストレージで問題ありません)

消音機能:ON(アプリで消音にしている場合は不要)

シャッタースピードの設定をしないと、光源によってフリッカーという縞模様が写ってしまう場合があります。

フォーカスを固定化しないと、動画にした場合にズレが生じる場合があります。

④ 撮影ボタンを押して撮影を開始します

⑤ 撮影が終了したら停止します

これで撮影は完了です。

ファイル名を連番でリネーム

動画に変換する下準備として、静止画を撮影順に連番にリネームします。

撮影した静止画をPCに移動してから作業します。

Adobe Bridge を使う場合

私はAdobe Bridgeで以下の記事の通り連番化しています。

フリーソフトを使う場合

お~瑠璃ね~む というフリーソフトを使うと連番にリネームできるようです。

詳しくは以下のサイトさんでまとめられていますのでご覧ください。

参考記事:https://freesoft-100.com/review/all-rename.php

静止画を動画に変換

ファイル名が連番になった静止画を動画ファイルに変換します。

Adobe Premiere を使う場合

私はAdobe Premiere を使って静止画を動画に変換しています。

① Premiereでプロジェクトを作成、または、開く

② 〔ファイル〕-〔読み込み〕を選択

③ 連番ファイルの先頭を選択し、〔画像シーケンス〕にチェックを入れ、〔開く〕を選択

④ 追加された連番シーケンスを右クリックし、〔クリップに最適な新規シーケンス〕を選択

⑤ シーケンスが追加されたことを確認

⑥ シーケンスを選択した状態で、〔ファイル〕-〔書き出し〕-〔メディア〕を選択

⑦ お好きな設定にした状態で、〔書き出し〕を選択

これで動画の完成です。

フリーソフトを使う場合

AviUtlというフリーソフトを使うと、連番の静止画を動画に変換できるようです。

以下のサイトさんでまとめられていますのでご覧ください。

参考記事:https://aviutl-douga.com/renban/

まとめ

作成した動画が再生できれば完成です。私は、この動画をAdobe AfterEffects で加工したものをYouTubeにアップロードしています。

植物のタイムラプス動画は、意外な発見もありおもしろいので、興味のある方は是非お試しください。