<動画で解説!>AfterEffects CS6 全エフェクトまとめ

MOVIE

最後の買い切り版となった、AfterEffects CS6 を使用しているユーザーは結構いるのでは?ということで、全エフェクトを動画にまとめてみました。

注意事項

・「3Dチャンネル」エフェクトは対象外です。

・「全パラメーター動画」は、レンダリングできなかったもの、基準動画では正しく効果が確認できなかったものなどは除外しています。また、一部効果が確認できないパラメーターもありますのでご了承ください。

・AfterEffects CC2020 のエフェクトについては、以下の記事にまとめてあります。

AfterEffectsとは?

Adobe社が販売している、モーショングラフィックスを作成するためのソフトウェアです。様々なアニメーションや、豊富なビジュアルエフェクトで多彩な表現ができます。

現在、AfterEffectsはサブスクリプションの月額制でのみ使用できます。

Adobe AfterEffects CC 単体・・・2,480円/月(税別)

Adobe Creative Cloud コンプリート(Photoshop等多数アプリ使用可) ・・・ 5,680 円/月(税別)

AfterEffects単体で利用する場合や、1か月単位で使用する場合は、Adobe公式サイトから申し込みます。

Adobe Creative Cloud コンプリートプランを年単位で使う場合は、amazonなどでも購入できます。セールで少し安くなることもあるので、チェックしてみるとよいと思います。

ちなみに、若干割安な24カ月版36カ月版や、学生・教職員版もあります。

動画の活用方法

エフェクトの概要をまとめた「全エフェクト動画」と、詳細をまとめた「全パラメーター動画」に分けて制作しました。

動画の活用方法や、アイコンの意味などについては、以下の記事にまとめましたのでご覧ください。

エフェクト動画

Synthetic Aperture

エフェクト名説明
SA Color Finesse 3After Effects用の高度な色補正プラグイン。

エクスプレッション制御

エフェクト名説明
3D ポイント制御エクスプレッションで使用する3Dポイント制御。
カラー制御エクスプレッションで使用するカラー制御。
スライダー制御エクスプレッションで使用するスライダー制御。
チェックボックス制御エクスプレッションで使用するチェックボックス制御。
ポイント制御エクスプレッションで使用するポイント制御。
レイヤー制御エクスプレッションで使用するレイヤー制御。
角度制御エクスプレッションで使用する角度制御。

オーディオ

エフェクト名説明
ステレオミキサーオーディオのステレオチャンネルをミキシングします。
ディレイオーディオレイヤーにディレイを適用します。
トーンオーディオトーンをレンダリングします。
ハイパス/ローパスオーディオレイヤーにハイパスまたはローパスフィルターを適用します。
バス&トレブルオーディオレイヤーの低音域と高音域を調整します。
パラメトリックEQオーディオレイヤーに周波数イコライザーを適用します。
フランジ&コーラスオーディオレイヤーにフランジやコーラスを適用します。
モジュレーターオーディオレイヤーに変調エフェクトを適用します。
リバースオーディオレイヤーをリバース再生します。
リバーブオーディオレイヤーにリバーブを適用します。

キーイング

エフェクト名説明
CC Simple Wire Removalシンプルなポイントツーポイントのラインリムーバー。
Keylight (1.2)Keylightは、業界で実績のあるブルーおよびグリーンスクリーンキーヤーです。
インナー/アウターキー内部パスおよび外部パスに基づいて、イメージからオブジェクトを抽出します。
カラーキーキーカラーに近い範囲を透明にします。
カラー差キーカラーの差を統一します。
スピルサプレッション色調を統一したレイヤーから混合色を削除します。
リニアカラーキー指定したカラーのピクセルをキーアウトします。
ルミナンスキー指定のルミナンスキーに関連するイメージの領域を透明にします。
異なるマット他のレイヤーのカラーに基づきイメージの色調を統一します。
色範囲色の範囲に基づきイメージの色調を統一します。
抽出1つのチャンネルの範囲に基づきイメージをキーイングします。

シミュレーション

エフェクト名説明
CC Ball Actionレイヤーを3Dで回転させたりねじったりできるボールグリッドに分割します。
CC Bubblesレイヤーを反映した泡を生成します。
CC Drizzle雨粒が表面であるレイヤーを波打つ様子をシミュレートします。
CC Hairプロパティとライティングのような3Dで髪をレンダリングします。
CC Mr. Mercuryメタボールエフェクト。
CC Particle Systems Ⅱ2Dパーティクルジェネレータ。
CC Particle Worldボリュームからの3Dパーティクル。
CC Pixel Pollyレイヤーをポリゴンに分割します。
CC Rainfall屈折とモーションブラーで降雨をシミュレートします。
CC Scatterizeレイヤーのピクセルをストリークで散乱させます。
CC Snowfall深さ、ライトシミュレーション、モーションブラーを使用して雪をシミュレートします。
CC Star Burstレイヤーピクセルの色とアルファを使用したスターフィールドシミュレーション。
ウェーブワールド水をシミュレートします。
カードダンスグラデーションレイヤーでカードをアニメートします。
コースティック水をレンダリングします。
シャターイメージを粉砕します。
パーティクルプレイグラウンド基本的なパーティクルシミュレーション効果です。
泡をシミュレートしてレンダリングします。

スタイライズ

エフェクト名説明
CC Block Loadプログレッシブ画像の読み込みをシミュレートします。
CC Burn Filmフィルムの焼き付きをシミュレートします。
CC Glassまるでガラスでできているかのように、レイヤーを変形してシェーディングします。
CC Kaleida万華鏡パターンジェネレータ。
CC Mr.Smoothie別のレイヤーで定義された形状に色をマッピングします。
CC Plasticバンプマップとして選択したレイヤーでレイヤーを照らします。
CC Repetileタイルエッジでレイヤーサイズを拡大します。
CC Thresholdレイヤーのスレッショルドカラー値。
CC Threshold RGBレイヤーのスレッショルドRGB値。
しきい値グレーレベルに基づいて白もしくは黒のイメージを表示します。
エンボスイメージを、指定の角度での差から得られた深さでグレーの領域に刻印します。
カートゥーンシェーディングとカラーを単純化し、オブジェクト間のエッジにストロークを追加します。
カラーエンボステクスチャをシミュレートするために、イメージのエッジを指定の角度で強調します。
グローアルファチャンネルまたはカラーチャンネルに基づいてグローを作成します。
ストロボ一定または不規則な間隔でレイヤー上で算術演算を行います。
テクスチャ別のレイヤーのテクスチャを現在のレイヤーに使用します。
ブラシストロークイメージをブラシでペイントしたような外観にします。
ポスタリゼーションイメージのカラー情報を減らします。
モーションタイルモーションブラーを使用してイメージを並べます。
モザイクイメージを単色四角形の領域で構成します。
ラフエッジレイヤーのアルファエッジを粗くします。
拡散全体のカラーレベルを保持しながら、レイヤーのピクセルを拡散させます。
輪郭検出レイヤーのエッジを検出し表示します。

チャンネル

エフェクト名説明
CC Compositeオリジナルレイヤーとの合成レイヤー効果。
アリスマチックイメージピクセル上でさまざまな演算を実行します。
カラーマット削除合成イメージからハロー現象を取り除きます。
チャンネルコンバイナー選択したチャンネルを表示または移動します。
チャンネルシフトイメージのチャンネルを他のチャンネルに置き換えます。
チャンネル設定レイヤーのチャンネルを他のレイヤーからのチャンネルに設定します。
ブレンド2つのレイヤーをさまざまなモードで合成します。
マット設定移動マットを作成します。
計算ソースレイヤーと入力レイヤーのチャンネルを使用してイメージを合成します。
合成アリスマチック2つのレイヤーを数学的に合成します。
最大最小特定の半径内の最小または最大のピクセル値で、各ピクセルを置き換えます。
単色合成単色を使用してレイヤーを合成します。
反転選択したカラースペースでカラーを反転します。

ディストーション

エフェクト名説明
CC Bend It曲げることで領域を歪めます。
CC Benderレイヤーを斜めに曲げます。
CC Blobbylize選択したレイヤーで定義された液化表面に画像をワープします。
CC Flo Motionデュアルポイントフォースでレイヤーを変形しま
CC Griddlerレイヤーをタイルのグリッドに分割します。
CC Lensレンズの歪みによるレイヤーのワープ。
CC Page Turn従来の改ページ効果。
CC Power Pin遠近法と反転オプションを備えたコーナーピン。
CC Ripple Pulseカスタムのリップル形状の歪み効果。Pluse Levelのアニメーション化が必要。
CC Slant横軸に沿って傾斜したレイヤー。
CC Smearポイントからポイントへのスミアレイヤー。
CC Splitレイヤーに穴を開けます。
CC Split 2レイヤーに穴を開けます。プロファイルはカスタマイズできます。
CC Tilerタイリングレイヤーを縮小します。
にじみ曲線を使用してイメージを歪ませます。
ゆがみゆがみブラシを適用してイメージを歪ませます。
オフセットイメージのオフセットコピーを合成します。
コーナーピンイメージを凸状の四辺形に歪ませます。
ズームレイヤを部分的にズームします。
タービュレントディスプレイスフラクタルノイズを使用してレイヤーのイメージが波立っているような効果を加えます。
ディスプレイスメントマップ他のレイヤーのピクセル値に基づき、ピクセルを移動します。
トランスフォーム幾何学的操作を行います。
バルジイメージを、あるポイントの廻りで歪ませます。
ベジェワープイメージに3次元Coonsワープを適用します。
ミラーラインに沿ってイメージを反射します。
メッシュワープイメージにnxm Coonsワープを適用します。
リシェープイメージの一部を変形します。
レンズ補正レンズディストーションを追加または削除します。
ローリングシャッターの修復ローリングシャッターの影響を修復します。
ワープイメージにワープを適用します。
ワープスタビライザー手動トラッキングなしでフッテージをスタビライズします。
回転指定のポイントの廻りを回転させてイメージをにじませます。
球面指定の半径の半球に巻きつけて、イメージをある点の廻りで歪ませます。
極座標直交座標系と極座標系間の変換と補間を行います。
波形ワープ波形を使用してイメージを軸に沿って歪ませます。
波紋イメージを波のような放射状に歪ませます。

テキスト

エフェクト名説明
タイムコードタイムコード情報を読み込み、焼き付けます。
番号連続した数字または不規則な数字のシーケンスを生成します。

トランジション

エフェクト名説明
CC Glass Wipeレイヤーを2番目のレイヤーに溶かします。
CC Grid Wipeグリッドパターンのワイプ。
CC Image Wipe別のレイヤーのプロパティに基づいてレイヤーをワイプします。
CC Jaws顎の形をしたワイプ。
CC Light Wipe光線をシミュレートするエッジワープでレイヤーをワイプします。
CC Line Sweepラインスイープトランジション。
CC Radial ScaleWipeレイヤーを放射状にゆがめます。
CC Scale Wipeポイントからレイヤーをストレッチします。
CC Twister選択したレイヤーまで軸に沿ってねじります。
CC WarpoMaticレイヤーを選択したレイヤーにラップします。
アイリスワイプアルファチャンネルを変更して星型のワイプを実行します。
カードワイプスタジアムカードをシミュレートします。
グラデーションワイプ他のレイヤーの輝度を使用してワイプを作成します。
ブラインドアルファチャンネルを変更して、方向性のある帯状ワイプを実行します。
ブロックディゾルブランダムブロック内でレイヤーを消去します。
リニアワイプアルファチャンネルを変換して線形ワイプを行います。
放射状ワイプアルファチャンネルを変更して放射状ワイプを実行します。

ノイズ&グレイン

エフェクト名説明
グレイン(マッチ)フィルムの粒子をマッチングします。
グレイン(除去)フィルムの粒子をイメージから削除します。
グレイン(追加)フィルムの粒子をイメージに追加する。
タービュレントノイズタービュレントベースのパターンを作成します。
ダスト&スクラッチしきい値によって、指定した半径内でピクセルを中間ピクセルに置き換えます。
ノイズノイズをイメージに追加します。
ノイズHLSレイヤーのHLSチャンネルにノイズを追加します。
ノイズHLSオートレイヤーのHLSチャンネルにノイズを追加します。
ノイズアルファレイヤーのアルファチャンネルにノイズを追加します。
フラクタルノイズフラクタルに基づくパターンを作成します。
ミディアン指定した半径内でピクセルを中間ピクセル値に置き換えます。

ブラー&シャープ

エフェクト名説明
CC Cross Blur水平および垂直のぼかし合成。
CC Radial Blurレイヤーのズームまたは回転ブラー。
CC Radial Fast Blur放射状のぼかし。
CC Vector Blur選択したレイヤーによって定義されたベクトルフィールドブラー。
アンシャープマスクエッジの詳細のコントラストを調整して、レイヤーを鮮明にします。
インターレースのちらつき削減高い垂直周波数を削減します。
シャープピクセル間の差を強調してイメージをシャープにします。
ブラー(カメラレンズ)一般的なカメラのアイリス(絞り)の形状を使用して画像にブラーを適用し、カメラレンズのブラーをシミュレートします。
ブラー(ガウス)イメージにブラー(ガウス)を適用します
ブラー(チャンネル)赤、緑、青、およびアルファチャンネルを個別にぼかします。
ブラー(バイラテラル)イメージにブラー(バイラテラル)を適用します。
ブラー(ボックス)ブラー(ボックス)をイメージに繰り返し適用します。
ブラー(滑らか)イメージに滑らかなブラーを適用します。
ブラー(合成)他のレイヤーの輝度を使用して現在のレイヤーのピクセルをぼかします。
ブラー(詳細)エッジを保持したままイメージをぼかします。
ブラー(放射状)イメージの特定のポイントの廻りでぼかします。
ブラー(方向)イメージに方向性のあるブラーを適用します。

マット

エフェクト名説明
mocha shapeMochaから形状データをインポートします。
チョークアルファチャンネルを狭めたり広げたりします。
マットを調整マットの品質を向上させます。
マットチョークアルファチャンネルを狭めたり広げたりします。

ユーティリティ

エフェクト名説明
CC Overbrights32 bpcで動作する明るすぎるピクセルを特定します。
Cineonコンバーター標準リニアを対数変換カーブに適用します。
HDR コンパンダーダイナミックレンジの圧縮と拡大を行います。
HDR ハイライト圧縮広ダイナミックレンジイメージのハイライト値を圧縮します。
カラー LUT を適用カラーLUTを適用します。
カラープロファイルコンバータープロファイルを使用してカラースペース間でイメージを変換します。
範囲拡張レイヤーの範囲を拡張します。

遠近

エフェクト名説明
3D カメラトラッカー3Dシーンデーターをビデオから抽出します。
3Dメガネ2つのレイヤーを合成して立体的に表示します。
CC Cylinderレイヤーを3Dに回転できるレイトレースされた円柱にマッピングします。
CC Environment環境をカメラビューにマップします。
CC Sphereレイトレースされた球にレイヤーをマッピングします。
CC Spotlightレイヤーを照らすシンプルなスポットライト。
ドロップシャドウイメージのアルファチャンネルに基づいて、シャドウを加えます。
ベベルアルファレイヤーのアルファ境界線に、のみで削ったような表現を加えます。
ベベルエッジレイヤーのエッジに傾斜があるように表示します。
放射状シャドウ1つの光源からシャドウを投影します。

旧バージョン

エフェクト名説明
パステキストパスに沿ってテキストを描きます。
稲妻電光や稲妻をシミュレートします。
基本3Dイメージを3次元空間内に表示します。
基本テキスト基本的な文字を生成します。

時間

エフェクト名説明
CC Force Motion Blurレイヤーの中間フレームをブレンドしてモーションブラーを生成します。
CC Time Blend蓄積バッファ。レイヤーを前のフレームとブレンドします。
CC Time Blend FX単一のグローバル累積バッファーにアクセスします。
CC Wide Time指定された期間にサンプリングされたフレームの重み付きブレンド。
エコー異なる時間からのフレームを合成します。
タイムワープ遅いモーション、速いモーション、モーションブラーの追加を計算してモーションを追加します。
ポスタリゼーション時間レイヤーに特定のフレームレートをインポーズします。
時間差2つのレイヤー間のピクセルの差を計算します。
時間置き換え他のレイヤーを使って現在のレイヤーのピクセル時間を置き換えます。

色調補正

エフェクト名説明
CC Color Neutralizer誤って色付けされた領域をサンプリングして中和します。
CC Color OffsetRGBカラーチャネルを循環させます。
CC Kernel3×3たたみ込みカーネル。
CC Tonerレイヤーの輝度へのトーンマッピング。
PS不定マップPhotoshopの不定マップをイメージに適用します。
カラースタビライザーイメージの露出を固定します。
カラーバランスカラーチャンネルの強さを調整し、輝度を保持します。
カラーバランス (HLS)色相チャンネル、明度チャンネル、彩度チャンネルの強さを調整します。
カラーリンク選択したレイヤーの平均ピクセル値でレイヤーを色付けします。
ガンマ/ペデスタル/ゲイン各チャンネルでの応答曲線を調整します。
コロラマ高度なカラー操作を実行します。
シャドウ・ハイライト暗めの領域を明るくし、明るめの領域を暗くします。
チャンネルミキサーカラーチャンネルを合成します。
トーンカーブイメージの色調範囲を調整します。
トライトーンハイライト、ミッドトーン、およびシャドウのカラーを設定します。
ブロードキャストカラー”ホット”カラーを調整して、ブロードキャストに使用できるようにします。
レベルイメージのレベルとガンマを調整します。
レベル (個々の制御)イメージのレベルとガンマを調整します。
レンズフィルターPhotoshopのレンズフィルター調整。
輝度&コントラストイメージの明るさとコントラストを調整します。
自然な彩度Photoshopの「自然な彩度」色調補正です。
自動カラー補正シャドウ、中間色、ハイライトを検出することによって自動的にカラーを調整します。
自動コントラスト全体的なコントラストを自動的に調整します。
自動レベル補正自動的にカラーチャンネルを個別に調整します。
色を変更カラーの範囲の色相、彩度、および明度を調整します。
色合いイメージの輝度を「白色」から「黒色」までのスケールにマップします。
色相/彩度Photoshopの色相/彩度/明度エフェクトです。
色抜き指定したカラーに類似したカラー情報のピクセルを保持します。
他のカラーへ変更HLS補間を使用してカラーを変更します。
特定色域の選択Photohopの色調補正「特定色域の選択」です。
白黒Photoshopの「白黒」色調補正です。
平均化(イコライズ)ピクセル値を分散し直してより均一な明度バランスにします。
露出露出を絞りで調整します。

描画

エフェクト名説明
4色グラデーション4つの合成カラーポイントによるカラーグラデーションを作成します。
CC Glue Gunアニメーション化されたプロデューサーポイントからの液体ストローク。
CC Light Burst 2.5オリジナルの遅いボリュームライトシミュレータ。
CC Light Raysレイヤーピクセルからワープした光線をシミュレートします。
CC Light Sweepレイヤーに輝く光のビーム。
CC Threadsインターリーブされたスレッドを生成します。
オーディオウェーブフォームオーディオレイヤーの波形を表示します。
オーディオスペクトラムオーディオレイヤーの周波数スペクトラムを表示します。
カラーカーブカラーグラデーションを作成します。
グリッドグリッドをレンダリングします。
スポイト塗りレイヤーから抽出したカラーでレイヤーを色付けします。
セルパターンセルのパターンを作成します。
チェッカーボードアルファチャンネルにチェッカーボードのパターンを作成します。
フラクタルマンデルブローおよびジュリアフラクタルイメージを生成します。
ブラシアニメーションイメージに線を描きます。
ベガスイメージの輪郭とパスの周りに閃光を描画します。
レーザー光線を表示します。
レンズフレア合成のレンズフレアを生成します。
稲妻(高度)稲妻を作成します。
円を作成します。
マスクのアウトラインに線を追加します。
楕円厚みのある楕円を描きます。
電波次第に拡張しいていくシェープを生成します。
塗りパスをカラーで塗りつぶす。
塗りつぶしRGB値とアルファ値を使用する塗りつぶしツールです。
落書きマスクに線を書きます。

まとめ

今回はエフェクト単体での効果をまとめていますが、複数組み合わせることでより高度な面白い表現が可能です。

CS2020では、追加エフェクトや、様々な要素が追加されています。UI改善で使いやすさが向上し、効率的な作業ができるので、CS6に不満な点がでてきたら、一度CS2020に手を出してみるもの良いと思います。

また、より詳しく学びたい方は、いい本がたくさんありますのでそちらもご活用ください。