《必見!》ブランド品をネットで安心して購入する3つの方法

ec_memo_brand_buy-min TIPS

ブランド品は店舗で購入するよりも、amazonなどのネットで購入した方が安く買えることが多いと思います。

しかし、安いと言っても高価なものなので、本物かどうかが心配です。

そこで、ブランド品をネットで安心して購入する方法を調べてみました。

① 公式オンラインショップで購入する

LOUIS VUITTON など、各ブランドの公式オンラインショップがあるので、そちらで購入すれば、偽物の心配はありません。

ただし、定価だと思いますので、安く買いたい場合は別の方法がおすすめです。

② 有名企業から購入する

次に、ヨドバシカメラなどの有名企業から購入する方法です。

  • 偽物を販売した場合に企業が受けるダメージが大きい
  • そもそも意図的に偽物を販売するとは考えにくい
  • 万一問題が発生した場合でも対応力がある

上記の理由から、安心感があるかと思います。ただし、より安く買うためには、③の方法も有効です。

③ 日本流通自主管理協会 AACD の会員ショップから購入する

値段が安くても、あまり聞きなれないショップから購入するのは勇気がいります。

そこで、いろいろと調べたところ、偽物の販売防止と排除を目指す、 日本流通自主管理協会 AACD という民間団体がありました。

このAACDの会員企業であれば、対象商品の判定が行われており、万一偽物だった場合のサポートもしっかり受けられるようなので安心です。

AACDとは

AACDとは

日本流通自主管理協会(略称AACD)は、並行輸入品市場での、“偽造品”や“不正商品”の流通防止と排除を目指して、1998年4月に発足した民間団体です。
 
私たちは、消費者の皆様が安心して買い物ができる、確かなブランド品市場を形成するために、関係諸機関・団体、及び、関連企業等と連携をはかり、「協会」独自の商品取り扱い自主基準を定め、監視・管理システムを確立し、 積極的な活動を展開しています。

https://www.aacd.gr.jp/profile

ブランド品の判定基準

Q2 協会ではどのようにして、ブランド品を判定しているのですか。

A2 協会には、今日までの経験・計測などによって蓄積されたたくさんのデータがあります。
これらのデータは、日本国内だけでなく、海外のブランド直営店や正規代理店から取り寄せた数多くの商品の検査・研究結果などに基づくものです。協会ではこれらのデータを駆使しながら、専門知識を持った職員が徹底的に対象商品を分析・検討し、協会独自の「基準内商品」「基準外商品」の判定をしています。判定の際、協会の基本方針は「疑わしきは扱わず」です。これは、どうしても基準内・外を判定できない時、少しでも消費者の方に迷惑をおかけする可能性が残っているのであれば、その商品は扱わないということです。

https://www.aacd.gr.jp/faq

購入先(出品者)が、この協会の会員であれば、上記の基準を満たしているので安心して購入できます。

偽物だった場合の協会の対応

Q6 購入した商品がニセモノとわかったら、協会はどんな手助けをしてくれるのですか。

A6 販売店が協会会員企業の場合と、そうでない場合に分けて説明しましょう。
会員企業は「基準内商品」だけを取り扱うよう、細心の注意を払っています。しかし、取扱商品が100%「基準内」かと問われれば、「万、万が一のことは起こりえます」と答えざると得ません。ただし、協会会員企業の場合は、迅速に、かつ消費者の方の意向を最大限に尊重して、解決が計られます。これは協会が会員企業に対し、強制力を有しているからです。もちろん、会員外企業の場合も、消費者の権利保護を第一義に解決に向けての努力をいたします。ただし、協会は、会員外の販売店に対しては、何ら強制力を持っていないため、出来ることに限界があることはご理解ください。例えば、問題を起こした販売店が良心的ではなかったり、意図的に責任回避を計ったりする場合には、消費者の方の意図したような解決には至らないケースもあると思われます。

https://www.aacd.gr.jp/faq

上記の通り、万一偽物だった場合は、協会が強制力を持ってサポートしてくれるそうです。 これは大きな安心材料になると思いました。

ショップがAACDの会員企業かどうか調べる方法

企業から調べる方法と、ウェブサイトから調べる方法があります。

以下のリンク先に購入先が登録してあればOKです。

会員企業一覧 | 一般社団法人 日本流通自主管理協会 AACD
一般社団法人 日本流通自主管理協会(略称 AACD)は、並行輸入品市場での「偽造品」や「不正商品」の流通防止と排除を目指しています
会員ウェブサイト一覧 | 一般社団法人 日本流通自主管理協会 AACD
一般社団法人 日本流通自主管理協会(略称 AACD)は、並行輸入品市場での「偽造品」や「不正商品」の流通防止と排除を目指しています

買いたいショップが AACDの会員企業ではない場合

AACDの会員企業でなくても、独自の保証サービスを行っている店舗はたくさんあります。

例えば、ブランド品をamazonで買う場合、出品者の選択画面のコンディション箇所や、出品者のプロフィールページ を見ると、独自の保証サービスが記載されている場合があります。

その記載内容から、偽物だった場合や、故障した場合の保証について確認すると安心して購入できます。

まとめ

問題が生じた際に対応力のある有名企業であれば問題ありませんが、あまり聞きなれないショップからブランド品を購入する場合は、日本流通自主管理協会 AACD の会員企業であるかどうかを一つの判断基準にすると良いかと思います。

また、AACDの会員企業でなくても独自の保証サービスを行っているショップもたくさんありますので、その保証をよく確認の上、価格と安心を天秤にかけて判断するのがベストかと思います。

実際に買ったブランド品

THIS POST
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
MEMOTIPS
COLOR CODE