《Cocoon》アーカイブページでページネーションを常に表示する方法

《Cocoon》アーカイブページでページネーションを常に表示する方法 WEB

アーカイブページでページネーションを常に表示する仕様にしたので、対応方法をメモしておきます。

やりたいこと

アーカイブページでページネーションを常に表示する 。

対応前

1ページしかないので、ページネーションは表示されていません。

対応前

対応方法

① pagination.phpを子テーマのtmpにコピーする。

② 子テーマのpagination.phpに、41~44行目までの4行を追加する。

<?php //「次のページ」ページネーション
/**
 * Cocoon WordPress Theme
 * @author: yhira
 * @link: https://wp-cocoon.com/
 * @license: http://www.gnu.org/licenses/gpl-2.0.html GPL v2 or later
 */
if ( !defined( 'ABSPATH' ) ) exit;

//現在のページ番号
global $paged;
if(empty($paged)) $paged = 1;

//ページ情報の取得
global $wp_query;
//全ページ数
$pages = $wp_query->max_num_pages;
if(!$pages){
  $pages = 1;
}

//ページが1ページしかない場合は出力しない
if($pages != 1) {
  //次のページ番号
  if ( $pages == $paged ) {
    $next_page_num = $paged;
  } else {
    $next_page_num = $paged + 1;
  }

  //現在のページ番号が全ページ数よりも少ないときは「次のページ」タグを出力
  if ( $paged < $pages ) {
    echo '<div class="pagination-next"><a href="'.get_pagenum_link($next_page_num).'" class="pagination-next-link key-btn">'.__( '次のページ', THEME_NAME ).'</a></div>';
  }

}
?>


<div class="pagination">
  <?php //ページ数が1でもページネーションを表示
  if($pages == 1) {
    echo "<span aria-current='page' class='page-numbers current'>1</span>";
  } ?>
  <?php global $wp_rewrite;

対応結果

1ページの場合でもページネーションが表示されるようになりました。

対応結果
THIS POST
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
MEMOWEB
SERVER
スターサーバー

当サイトは、安くてハイスペックな、このスターサーバーを使用しています。
スタードメインでドメインを取得すれば、たまったポイントでサーバーが更に安くなります。
◎ オールSSD!高速サーバー環境
◎ 無料で使える!独自SSL機能
◎ 即時プラン変更にも柔軟に対応
◎ 大量アクセスに強いWebサーバー”nginx”
△ データ転送量がロリポップより少ない

ロリポップ

こちらもコスパの良いロリポップ。サポート体制が充実しているのに加え、利用者数も多いので、困ったときの情報はネットに多くあるかもしれません。
◎ データ転送量が多い
◎ 無料独自SSL機能
◎ 充実したサポート体制
△ サーバーストレージはHDD ※DBサーバーのみSSD
△ WebサーバーがApache 2.4.x

エックスサーバー

それなりのアクセス数が見込まれる場合はエックスサーバーがおすすめです。
ただ、値段もそれなりにするので、ブログ開設時には、ここまでのスペックは必要ないかもしれません。
◎ 圧倒的なハイスペック環境
◎ 無料独自SSL機能
◎ 大量アクセスに強いWebサーバー”nginx”
◎ モリサワのWebフォントが無料で使える
△ 低価格プランがない

COLOR CODE