《WordPress》Ubuntu 18.04 に WordPress をインストールする方法

Ubuntu 18.04 に Wordpress をインストールする方法 WEB

自宅の Ubuntu サーバーにWordPressをインストールしたので、メモしておきます。

やりたいこと

  • ローカル環境のUbuntu18.04サーバーでWordPressを使えるようにする
  • アクセスURLは、http://192.168.11.x/test/ とする

※ 192.168.11.xの部分には、割り振られたローカルIPアドレスが入ります。私はルーターでIPアドレスを固定化しました。

サーバーでのセットアップ

今回のセットアップは以下を参考にさせていただきました。

Ubuntu 18.04 LTS に WordPress 5.1 をインストール - Qiita
CentOS 7 にLAMP(Linux/Apache/MariaDB/PHP)環境のインストールを行う手順を以下に記します。 # タイムゾーンの変更 ``` sudo su - timedatectl set-timezon...

私の環境では、タイムゾーンの変更、apache、php、MariaDBのインストールまで完了していたので、そこまでは上記をご参照ください。

WordPressサイトを作るのが2回目以降であれば、以下の手順からでOKです。

Ubuntuの端末を起動する

※ 以下、Ubuntuの端末での作業となります

ディレクトリを作成

ドキュメントルート /var/www/html/ に移動し、testディレクトリを作成。 /var/www/html/testに移動する。

$ cd /var/www/html/
/var/www/html$ sudo mkdir test
/var/www/html$ cd test

※ ディレクトリ名はtestでなく、任意の名前で問題ありません。変更した場合は、これ以降変更後の名前に読み替えて作業してください。これがアクセスした際のURLになります。

ダウンロード

testディレクトリにlatest-ja.tar.gzをダウンロード。

/var/www/html/test$ sudo wget https://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz

展開する

testディレクトリにlatest-ja.tar.gzを展開。

/var/www/html/test$ sudo tar xvf latest-ja.tar.gz

※ latest-ja.tar.gz は圧縮ファイルなので展開する必要があります。

移動する

test/wordpressの中身を全てtest/に移動します。

/var/www/html/test$ sudo mv wordpress/* .

※ 移動しないと、アクセスURLがhttp://192.168.11.x/test/wordpress/ になってしまいます。

不要ファイルを削除

空になったwordpressディレクトリと、展開前の圧縮ファイルを削除します。

/var/www/html/test$ sudo rm -rf wordpress/
/var/www/html/test$ sudo rm latest-ja.tar.gz

パーミッションを変更する

Apacheからアクセスできるように、パーミッションを変更します。

/var/www/html/test$ sudo chown -R www-data:www-data .

DBを作成する

MariaDBにアクセスし、DBを作成します。

/var/www/html$ sudo mysql
MariaDB [(none)]> create database test_db default character set utf8;

※ DB名”test_db”は任意の名前に変更して問題ありません。後で使用するので忘れないようにしてください。

DBユーザーを作成する

ユーザーを作成し、適用後、MariaDBから抜けます。

MariaDB [(none)]> grant all on test_db.* to test_user@localhost identified by 'password';
MariaDB [(none)]> flush privileges;
MariaDB [(none)]> Ctrl-C -- exit!

※ DB名を変更した場合は、”test_db” 箇所を変更してください

※ ユーザー名”test_user” 、 パスワード ”password” は任意の名前に変更して問題ありません。後で使用するので忘れないようにしてください。

※ Ctlを押しながらCを押すと、MariaDBから抜けられます

ブラウザでのセットアップ

※ これ以降はサーバーと同じネットワークに接続されている、PCで作業ができます

ブラウザからブログにアクセスする

http://192.168.11.x/test/ にアクセスします。

※ ローカルIPは環境ごとに異なりますのでご確認ください。

※ http://192.168.11.x/test/wp-admin/setup-config.php にリダイレクトされます。

DB情報を入力する

先ほど作成したDBのデータベース名、ユーザー名、パスワードを入力します。

それ以外は、変更の必要が無ければそのままで問題ないので、送信を押します。

※ 以下のエラーが出る場合は、入力内容を確認してみてください。

エラー

インストール実行

インストール実行を押す。

サイト情報を入力

サイトの情報を入力します。

※ 今回はテスト環境なので、検索エンジンでの表示されないようにしています。そもそもローカル環境なので、関係ありませんが念のため。

ログイン

完了

これで使えるようになりました。

THIS POST
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
MEMOWEB
SERVER
スターサーバー

当サイトは、安くてハイスペックな、このスターサーバーを使用しています。
スタードメインでドメインを取得すれば、たまったポイントでサーバーが更に安くなります。
◎ オールSSD!高速サーバー環境
◎ 無料で使える!独自SSL機能
◎ 即時プラン変更にも柔軟に対応
◎ 大量アクセスに強いWebサーバー”nginx”
△ データ転送量がロリポップより少ない

ロリポップ

こちらもコスパの良いロリポップ。サポート体制が充実しているのに加え、利用者数も多いので、困ったときの情報はネットに多くあるかもしれません。
◎ データ転送量が多い
◎ 無料独自SSL機能
◎ 充実したサポート体制
△ サーバーストレージはHDD ※DBサーバーのみSSD
△ WebサーバーがApache 2.4.x

エックスサーバー

それなりのアクセス数が見込まれる場合はエックスサーバーがおすすめです。
ただ、値段もそれなりにするので、ブログ開設時には、ここまでのスペックは必要ないかもしれません。
◎ 圧倒的なハイスペック環境
◎ 無料独自SSL機能
◎ 大量アクセスに強いWebサーバー”nginx”
◎ モリサワのWebフォントが無料で使える
△ 低価格プランがない

COLOR CODE